いらっしゃいませ

hoso's

Author:hoso's
埼玉→東京→熊本→大阪へ

写真は佐賀・呼子

イカを干しているところ
ならびに
それを見守る、おばちゃん(左)



内容は、、、バットが届かないほどに遠くて
小さいストライクゾーン、といった感じです

weather

calendar

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

search

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2014/06/16 Mon
UCCコーヒー博物館地図


UCC上島珈琲が運営する博物館

様々なコーヒーの知識を得られたことはもちろん

個人的には
コーヒーの地理的・歴史的・文化的側面
○栽培地域の風土
○栽培地域の拡大
○コーヒー飲用の歴史  などなどに興味が湧く

◎イスラム教徒からキリスト教徒に拡大したこと
◎ヨーロッパではオランダがいち早く栽培に取り組んだこと
◎フランスの海外県レユニオンから仏領ギアナにコーヒー苗木が持ち込まれたこと
◎旧ポルトガル領のギニアビサウからブラジルに苗木が持ち込まれたこと
◎ナポレオンの大陸封鎖によりブラジルでコーヒー栽培がさかんになったこと
◎ボストン茶会事件をきっかけにアメリカでコーヒーが普及したこと


博物館の展示を通じて
生産・流通に携わる人々の様子をもっと詳しく知りたいと思った

我々が口にするコーヒーによって
誰かが不利益を被っていないか
(コーヒーに限らず、
 農林水産業、鉱業など、あらゆる産業に関係する)

最後に、カフェでおいしいコーヒーを頂きました



それにしても、、、
コーヒー博物館が位置する島(地図

休日だからなのか、人気があまりなく
更地が多いことからも、なんとなく寂しい感じがした

単なる気のせいなのか
神戸の構造的要因なのか(震災との関わりは?)
見通しの甘い公共事業なのか
単なる気のせいなのか
スポンサーサイト
2014/06/15 Sun
神戸市立博物館(地図

「ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎」


北斎関係の展覧会には必ず行くようにしているが
毎回新しい気付きがあって面白い
(ただ、自分の知識が少ないだけなのですが)

っで、本日はW杯日本戦ということで
ガラガラを期待していたのですが、、、

“60分待ち”の洗礼

列の後方から背伸びをしながら鑑賞したので
細部までは鑑賞できず
(ただし、摺物だけはじっくりと鑑賞)


ド定番の
冨嶽三十六景
諸国瀧廻り
諸国名橋奇覧
のほか

花鳥版画(美しい)
武者絵
(カッコいい)
朱鐘馗図(朱一色が畏れ多い)
長大判錦絵(縦長の構図が魅力)

あと、
組上絵(切り抜いて立体に組み立てる浮世絵)


あらためて振り返ってたら
図録が欲しくなってきた


来月から始まる展覧会も多いので
興味があるものはすべて行きたいです


↓北斎HP
http://ukiyoe.exhn.jp/
2014/05/05 Mon
10数年前、サラリーマン時代の衝動買い

TREKのロードバイク(確か、16万円で購入)

1年ほど乗って放置
その後、引っ越し先に持っていくも、放置し続けて10年経過
(ほんと、申し訳ないです)

使ってくれる方でいらっしゃったので譲渡

自転車屋できれいになったバイクを見ると
(ずっと家の中に保管しておいて良かった~)
また乗りたい気持ちになったけど
その後のメンテナンスをきちんと行う自分ではないと思うので

やはり、大切に使ってくださる方が乗るのが一番いいと思う

新しい持ち主のもとで思い切り走ってください
Category: ⑫その他
2014/05/04 Sun
先週のことですが

実家で法事があるため
3:30起床→上京→少し寄り道

東京国立博物館(地図
「栄西と建仁寺」

鎌倉期の仏像や(奈良国立博物館「鎌倉の仏像」で予習済)
海北友松、伊藤若冲を鑑賞

海北友松…やはり、「雲竜図」がスゴイ
伊藤若冲…構図や色がステキ
(以前、若冲の特別展に行けなかったのが悔やまれる)
俵屋宗達「大琳派展」以来(お久しぶりです)



同日、別棟で「キトラ古墳壁画」も展示されていたが
こんな列に並んでまで見たいとは思わなかった
東京国立博物館
2014/04/20 Sun
奈良国立博物館

「武家のみやこ 鎌倉の仏像 迫真とエキゾチシズム」
鎌倉の仏像


鎌倉から南北朝期の仏像

宋の様式ということで
着衣が垂れ下がったり、風になびく様子がリアル
(“法衣垂下像”が代表的)


↓奈良国立博物館HPより
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2014toku/kamakura/kamakura_index.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。